五十肩、四十肩

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 夜寝ている時に痛くて寝れない
  • 腕が上がらなくなってきた
  • 髪を結ぶ際や、服を着る際に肩に痛みが出る
  • レントゲンを撮っても原因がわからない
  • 肩を下にして眠れない

五十肩、四十肩はなぜ起こる?|げんじろう針灸接骨院

肩周辺の筋肉の緊張や関節にカルシウムなど沈着した状態で動かしたりすることにより起こります。

40歳〜60歳に多く発症することが多く、急性期から慢性期まで様々です。

急性期

肩に炎症が起きた状態ですので、痛くて動かせない・夜に痛みが出る等の症状で起こります。

慢性期

肩の可動域の低下により、髪が縛れない・高い所の物が取れない等の症状が起こります。
原因は姿勢の悪化により肩が前に出てしまい、肩の関節の動きが悪くなることにより筋肉に過剰な不可がかかることにより起こります。

五十肩、四十肩が治らない・悪化する理由|げんじろう針灸接骨院

五十肩、四十肩が治らない・悪化する理由

自然に治る場合もありますが、構造の原因が改善してなければ肩に負担がかかり続け何度も再発してしまいます。

ひどくなると凍結肩という全く動かせなくなるような症状になってしまい施術にも1年以上かかってしまう場合もあります。

五十肩、四十肩の施術法は?|げんじろう針灸整骨院

検査

検査で問題点を見つける事を重要にしています。

多角的に判断する為に、ゆがみーるによる姿勢検査、徒手検査による構造の検査、IN BALANCE による体組成計の検査等、多角的に肩の負担の原因を追及します。

施術

施術

マッスルエナジーテクニック

肩可動域を広げるように、筋肉を使って可動域を広げる調整をしていきます。
体に負担が起きにくい施術を受ける事ができます。

高精度施術器

骨格の歪みを特定して、その骨の持つ固有の共鳴振動数を与えることで骨格を矯正させる施術器です。
また、骨のみならず、神経や筋肉にも直接アプローチが出来ます。

正確性・再現性が求められる現代医療において、手技の感覚に頼るのではなく最先端医療機器での施術が大切になります。
歪みのある骨は正常な位置に戻すには、方法を一歩間違えると、傷害事故や症状の悪化につながる危険性があります。

高精度医療機器を使用して関節や骨が動きやすい共鳴振動により、最小限の弱い刺激によって骨格を整えていきます。
首から背骨の歪みを整えることにより、骨格全体・背骨のカーブを正常な状態にして、首から肩にかけて神経の圧迫の負担もなくなり、筋肉・神経・関節の機能が正常になり症状が改善していきます。

ハイボルテージ施術

高圧の電気を筋肉や靭帯の深部に浸透させて、急性期の肩の炎症の軽減に繋がります。

神経の興奮を抑える

神経の走行に沿って流すことで、神経の興奮を抑え、迅速に痛みを抑えることができます。