スポーツのケガ

保険適用となるスポーツのケガ

スポーツのケガ|田村市げんじろう針灸接骨院

スポーツ中のケガは、スポーツ外傷とスポーツ障害の2つに分かれますが、ケガの原因が明確なスポーツ外傷の治療には保険が適用されます。整形外科や接骨院で治療を受ける際には、ケガの種類やご自身の状態についてしっかり理解しておくと、症状について説明する際に何かと役立ちますので、以下をご確認ください。

スポーツ外傷(急性的なケガ)

骨折・脱臼、靭帯損傷(ねんざ)、筋挫傷(筋違い・肉離れ)、突き指・打撲、挫傷(肉離れ)など

上記のようなスポーツ中に明らかな外力によって発生したケガはスポーツ外傷として分類されます。ぶつかって転んだ、ジャンプ着地時に足をひねった、プレイ中に骨折してしまったなどの状況で起こったケガは、保険を使った治療が可能です。

スポーツ外傷による症状は、早期の状況確認と治療が大切です。放置していると症状はどんどん進んでしまうので、痛みを感じたらすぐにご来院ください。状態によっては、骨に異常がないかを調べるためにレントゲン検査を勧める場合もあります。当院が信頼している整形外科をご紹介させて頂きますので、ご安心ください。また、骨折と脱臼の治療を受ける際には医師の同意書が必要ですが、その場合もまずは当院までご連絡ください。応急処置として骨折と脱臼の治療を受ける場合には医師の同意書なしでも治療できますので、ご安心下さい。

スポーツ外傷による症状からの回復には、適切な治療と入念なリハビリがとても重要です。ケガが治っていない状態で復帰すると、患部をかばいがちに動いてしまい、他の部分に負担がかかって更なるケガを引き起こしてしまうケースも珍しくありません。焦らず着実に治療計画を守り、回復を目指すことが大切です。

亜急性のスポーツ障害

スポーツ障害の原因としては、繰り返された動作(オーバーユース)、ストレスの強くかかる動作(オーバーロード)の2種類があります。野球肘や野球肩、テニス肘、ジャンパー膝などの症状はオーバーユースによって起こります。オーバーロードは頻度こそ少ないものの、大きな負担が特定の部位にかかることで、重量挙げの選手などに起こりやすい傾向にあります。

スポーツ障害(慢性的な負担による故障)

野球肘・野球肩、テニス肘、ジャンパー膝、シンスプリントなど

プレイ中に繰り返した動作が原因となって起こるケガは、スポーツ障害に分類されます。最近になって痛みが気になりだした、痛みを我慢していたら症状が悪化してしまった、痛みがあると同時に動かしにくくなってきた、以前ケガした場所に痛みが再発したという場合はお早めにご相談ください。

スポーツ外傷と同様に、スポーツ障害も早めの対応が大事です。スポーツ障害を放置していると、プレイ復帰が難しくなることはもちろん、手術が必要なレベルにまで症状が悪化する場合もあります。少しでも痛みや違和感が気になるようであれば、早めに当院へご相談ください。また、スポーツ障害は小さなお子さんに起きやすい症状でもあります。成長期にさしかかる際に発症しやすいことが多く、練習を頑張りたいという気持ちで痛みを我慢してしまうケースも少なくありません。

当院では、親御さんをはじめ、部活動の顧問の先生方、チームの監督やコーチの方々と相談しながら、治療を進めていきます。スポーツをしていく中でどんな選択肢がベストなのかを判断し、症状改善に尽力いたします。

ご相談の多いお悩み・症状

オスグッド

オスグッドとは、膝を曲げたり走ったりする時に膝下の骨に痛みが出る症状です。また、ジャンプや屈伸運動をした際に痛む場合もあります。10歳~15歳の成長期のお子さまに多い傾向にあり、その場合は保護者の方にご相談させていただきながら治療していきます。

オスグッドは、ジャンプや屈伸運動による膝への負担から、周りの骨や靭帯の炎症が起こることが原因だと考えられています。通常、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は骨盤の前から膝の骨を通り、膝下の骨(脛骨粗面)に付着しています。しかし、ランニングやジャンプなどの動作は太ももの筋肉を引っ張り、それによって膝に痛みが生じます。

特に成長期のお子さまは骨の成長が終わっていないので、スポーツ中の筋肉や骨への負担が大きくなります。オスグッドを治療するには、太ももの筋肉を和らげて患部の炎症を抑える必要があり、1カ月~2カ月ほどの時間がかかります。

シンスプリント

シンスプリントは脛(すね)に痛みが出ます。初期段階ではスポーツ中に鈍い痛みが生じる程度ですが、症状が進行すると日常生活でも脛に激しい痛みを感じるようになります。別名「脛骨疲労性骨膜炎」と呼ばれます。

脛骨とは膝から足首にかけての骨のことを指します。偏平足、硬い地面などでのランニング、筋肉の柔軟性の低下などが主な原因として考えられています。これらの原因によって、ふくらはぎの筋肉が引っ張られるストレスで炎症が起き、結果として痛みが発生します。ランニングやジャンプなどの動作が多いスポーツで起こりやすい症状だといわれています。

シンスプリントは回復までに時間がかかるため、治療中やリハビリ中のプレイは避けましょう。

野球肘

肘関節の内側にある筋肉や骨に炎症が起きることで、投球時に患部が痛みます。また、腕が伸びないなど可動域の制限もあります。膝関節の周辺組織の炎症によって発症する野球肘は、不適切な投球フォームの繰り返しが主な原因だとされています。通常、ボールを投げる時には手首を曲げる筋肉を使いますが、フォームが正しく定まっていないと肘の内側から手首までの筋肉に負担がかかり、痛みや可動域の制限などを引き起こします。

軽度の場合は4週間~5週間程度で治りますが、重度の場合には数カ月の治療期間が必要となるケースもあります。野球肘は再発するリスクが高いので、リハビリと同時に普段の投球フォームを見直すことが大切です。

野球肩

野球肩には、関節を動かした時に痛みが生じる「滑液包炎(かつえきほうえん)」、肩の後面が痛むことから、肩を上げられなかったり違和感が生じる「棘上筋腱炎(きょくじょうきんけんえん)」、肩関節から二の腕、肘にかけての痛みや可動域の制限がある「上腕二頭筋腱炎(じょうわんにとうきんけんえん)」など、さまざまな症状があります。野球をしている時に痛むことはもちろん、症状の進行につれて普段の生活に支障が出るケースもあります。

野球肩はさまざま症状があり、原因も症状によって異なりますが、共通するものは「投球動作中の負担とストレス」です。不適切なフォームや疲労によって患部に負担がかかることで筋肉や軟部組織の炎症・萎縮、腱の損傷が起こります。

野球中にボールを投げる時は、腕だけでなく全身のバランスが影響します。そのため、野球肩は患部のチェックに加えて全身のバランスを診た上で施術を行います。また、再発防止には普段の投球フォームや姿勢を見直すこともポイントです。

施術費について

保険診療

初回 1割 1,200円 2割 1,700円 3割 2,200円
2回目以降 1,000円

自費診療

1,000円~
1,000円~
吸い玉 500円~
ラジオ波 2,000円~
メドマー 100円~
超短波 100円~