我慢し続けてきた肩こり・肩の痛み

肩こり・肩の痛みの症状

こんなお悩みありませんか?

田村市げんじろう針灸接骨院

  • 日常的に肩こりの症状に悩まされている。
  • 湿布を貼っているが症状が改善しない。
  • マッサージ店に行ってみたが、逆に痛くなった。
  • 肩だけでなく、首も辛くなることがある。
  • 他の院で治療をしたが、治らないかった。

肩こり・肩の痛みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

肩こりは、首から肩甲骨周囲のさまざまな筋肉が硬くなり、こわばった感じや不快感、こり感、重苦しさや痛みにいたる症候の総称です。

肩こりはそれらの筋肉に必要な酸素や栄養を運んでくれる血流が悪くなった結果として起こります。健康番組などで、肩こりは首の骨の歪みや変形が原因だと解説されることがありますが、そういった説明に科学的な根拠はありません。変形しているから肩こりが起こるのではなく、筋肉の拘縮や短縮といった状態が続くため、姿勢が変化しているだけなのです。ですから、筋肉を治療することは、対処療法ではなく肩こりの根本治療といえるのです。

肩こりの原因として考えられるもの

なぜ、症状を繰り返すのか?

肩こり|田村市げんじろう針灸接骨院肩こり・肩の痛みの改善を行う上で重要なのは、しっかりと患者様の身体を診て、肩こりの本当の原因がどこにあるのかを突き止めることです。残念ながら、ほとんどの整形外科、整骨院、マッサージ院では本当の原因を検査しないまま施術をすることが多いです。

一般的な肩こりへの解釈を基に、症状が出ている患部をマッサージで揉みほぐしたり、筋弛緩剤や電気療法、湿布による対症療法をすることが多いようです。 自覚症状だけに対して施術を行っても、本当の原因になっている肩こりの根本的な原因に対して施術を行わない限り、肩こりは解消しません。ご自身で痛いと感じているところをマッサージしたり、湿布を貼って、その日は楽になったものの、翌日にはいつものツライ肩こりが再発したという経験はありませんか?

肩こりが起こる原因が身体の中にあり続ける限り、また同じように肩こりになるのは当然です。肩こりを抱えた患者様の生活習慣にはある程度、同じパターンがあります。つまり、痛みをとり再発防止を目指すには、施術だけではなく、普段の生活を見直す必要があるのです。

デスクワークが多い方

長時間のパソコン作業や勉強などに時間を費やす方は、肩こりに悩んでいることが多いです。

両腕を前に出した同じ姿勢をとることで、肩甲骨が前方に引っ張られます。また、顔も前方に出てくるので、重い頭部を引き上げるために、肩甲骨から頚・背中・肩につく筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋など)に負担がかかり、筋肉が硬くなることで、こりや痛みを感じるようになります。

筋肉が硬くなると、血管が圧迫され血流不足になり、ますます筋肉が硬くなるという悪循環が起こります。さらに、巻き込み肩になることで前側(胸)の筋肉(大・小胸筋、前鋸筋など)が縮まったまま伸びなくなり、正しい姿勢を取りづらくなります。

重いものを持つことが多い方

毎日のように重いカバンを肩にかけることで、肩を持ち上げようとする筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋、三角筋など)に負担がかかり、筋肉が硬くなってこりを感じます。また、カバンの持ち手で筋肉が押さえつけられることで血行が悪くなって疲労が蓄積し、ますますこりの症状が強くなります。

姿勢が悪く、背骨に歪みが生じている方は、そのバランスを保とうと「カバンの持ちやすい側が固定化」されていることが多いです。そのため、いつも同じ方の手で荷物を持ってしまいます。その偏りは、更なる歪みの原因を作り、肩こり改善の妨げになります。

手仕事が多い方

肩こり|田村市げんじろう針灸接骨院家事などの手を使う仕事は、肩こりの症状になりやすいです。手を使いすぎることが「なぜ肩こりに繋がるの?」と不思議に感じる方も多いと思いますが、腕・肩・首の筋肉は全て連動して動きますので、手先を使うことによって、肩への負担は徐々に蓄積されていくのです。

その場合、やはり肩だけ施術しても再発してしまうことは明らかです。手〜肩〜首にかけての筋肉の状態をみながら調整していくと共に、手・腕の正しい使い方を心がけることが大切です。

姿勢の乱れ・猫背の方

猫背|田村市げんじろう針灸接骨院猫背は両肩が前に出て肩甲骨が前方に引っ張られます。さらに顔も前方に出てくるので、重い頭部を引き上げるために、肩甲骨から頚、背中、肩につく筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋など)に負担がかかって筋肉が硬くなり、コリを感じることが多くなります。筋肉が硬くなることで血管が圧迫され血流不足になり、ますます筋肉が硬くなります。

巻き込み肩になることで前側(胸)の筋肉(大・小胸筋、前鋸筋など)が縮まったまま伸びなくなると、さらに姿勢が悪くなります。徐々に背骨同士の関節や背骨とあばら骨の関節がずれて硬くなり、正しい姿勢が取りづらくなります。

身体が硬い・運動不足の方

運動不足によって肩の筋力、肩甲骨を後ろに引く力(僧帽筋、菱形筋、肩甲挙筋など)が弱くなると肩甲骨が前方に引っ張られます。また、顔も前方に出てくるので、重い頭部を引き上げる肩甲骨から頚、背中、肩につく筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋など)に負担がかかって筋肉が硬くなり、こりを感じます。筋肉が硬くなることで血管が圧迫され血流不足になってしまい、ますます筋肉が硬くなります。

20代〜30代前半で筋力量のピークを迎える方が多いと言われています。年齢を重ねると運動不足による筋力低下、また柔軟性低下によって、肩こりの症状を実感されることが多くなります。

女性に多い冷え症体質の方

冷え症|田村市げんじろう針灸接骨院冷え症は血流が悪くなることで起こる症状です。肩こりも同様のため、身体が冷えやすい方は肩こりでも悩まれている方が多いです。

身体が冷えることによって筋肉が収縮して硬くなり、こりが強くなります。また、深部体温が下がることで自律神経が乱れ、緊張状態の時に活動する交感神経が興奮し、筋肉の動脈が収縮することで筋肉も硬くなることが分かっています。日頃から身体を冷やさない習慣を心がけることが大切です。

ストレスを感じやすい方

ストレス|田村市げんじろう針灸接骨院ストレスを感じることによって、自律神経が乱れて緊張状態の時に活動する交感神経が興奮します。同時に筋肉の動脈が収縮し、心拍数が上がって瞳孔が散大し、筋肉も硬くなります。

硬くなった肩周辺の血流が悪くなるので、ますます筋肉が硬くなってこりを感じるようになります。

当院の治療方法

体のバランス|田村市げんじろう針灸接骨院当院では身体全体の状態から、その人の本当の原因になっている動作・姿勢・部位を探っていく診断過程を重要視しています。

体幹(脊椎や骨盤)の動き、肋骨や横隔膜など呼吸に関係するような場所の柔軟性、肩甲骨と頭の位置と鎖骨・肩甲骨の胸郭の状態、頭と腕の負担が最も集中する脊椎と肋骨の一番上の部分などを診て、原因を突き止めた上で施術を行います。

他院では改善しなかった肩こりにお悩みの方は、田村市のげんじろう針灸接骨院までご相談下さい。

筋肉は性質として、30分収縮した状態のままでいると硬くなります。硬くなった筋肉は血管を圧迫するため、血流を悪くしてしまいます。血流が悪くなると筋肉に必要な酸素や栄養が不足し、その結果、筋肉は虚血・酸欠状態となりダメージを受けてしまいます。さらに、筋肉は痛みを感じると無意識に防御反応として収縮を起こし、それによってもっと血流が悪くなり痛みを発生させるという、痛みの悪循環が起きてしまいます。当院では基本となる手技による施術と、鍼を使ったアプローチを行います。

肩の構造

肩は骨の上に筋肉が乗っかっている形の構造をしています。肩の筋肉は大きく2層になっています。
・骨に近い方が深い筋肉(インナーマッスル)
・皮膚に近い方が浅い筋肉(アウターマッスル)
筋肉が伸縮し関節を曲げ伸ばしできるようになることで、私たちは身体を動かすことができます。

この身体を動かす役割を果たすのが表層筋(アウターマッスル)です。また、骨・関節を支える役割を果たす深い所にある筋肉を深層筋(インナーマッスル)と呼びます。 当院ではこの深層筋にアプローチすることで、長年こり固まった筋肉を緩め、痛みの原因を根本から改善していきます。

げんじろう針灸接骨院では、痛みの伴う施術はありません。痛みを伴う治療は筋肉を更に緊張させてしまいます。この緊張が高まると、血液循環が悪し、逆に症状回復に時間がかかってしまいます。つまり、悪化の原因になるのです。

「マッサージ店に行って症状が悪化してしまった」
「もみ返しの被害にあった」

以上のような経験をされた方も多いのではないでしょうか?
痛みが強い場合は、炎症が起きてる可能性があります。湿布や電気、力付くのマッサージでは良くなりません。

重度であればあるほど、このインナーマッスルが硬いままになっています。この硬さが、肩こり特有の鈍い痛み、また全身のだるさ、スポーツや日常生活での「動かしにくさ」の原因に繋がります。

患者様の身体の状態にもよりますが、肩こりの症状は数日で起こるものではなく、何年何十年の積み重ねによって起こる慢性的な症状がほとんどです。深部の硬くなった筋肉にアプローチできる鍼治療は、とても効果的な治療法と言えます。硬くなった筋肉は治療を行えば、必ず元の柔らかい状態に戻すことができます。

インナーマッスルへのアプローチ

痛みが強いという方、または炎症が起きている疑いがある場合は、刺激の強い施術は好ましくありません。痛みや炎症が落ち着いてから、このインナーマッスルへのアプローチとして、当院オリジナルのインナーマッスルマッサージを施して行きます。この筋肉を緩めることで、肩の症状は改善し、再発しにくい身体になります。もちろん、症状を放っておけば、更に悪化してしまう可能性は高まります。筋肉が硬くなることで、関節の動きにも影響して来るからです。完全に関節拘縮(不可逆的)を起こしてしまうと、症状改善にとても時間がかかります。

げんじろう針灸接骨院では、インナーマッスルマッサージによって、硬くなってしまった肩の筋肉を丁寧にほぐしていきます。なかなか改善しなかったあなたの症状を、痛みの原因から根本改善していきます。

施術費用について

保険適用となる場合

初回 1割:1,200円・2割:1,700円・3割:2,200円
2回目以降 1,000円

手技によるインナーマッスルマッサージ

当院のインナーマッスルマッサージは、20分・30分の2つのコースをご用意しています。初めてご利用になる方、どんな施術か試してみたい!という方は20分コースをおすすめ致します。また「他院で改善しなかった痛み」「長年、症状をそのままにしてきた痛み」は、時間をかけながらじっくりと治療する必要があります。その方には30分コースをおすすめ致します。

1回20分コース
初回 3,000円+初診料2,200円 → 5,200円
2回目以降 3,700円(基本料金700円+20分3,000円)
お得な回数券:20分コース
6回券 17,000円(1回:3,533円)★1,000円OFF
12回券 33,000円(1回:3,450円)★3,000円OFF
24回券 66,000円(1回:3,450円)★6,000円OFF
1回30分コース
初回 4,500円+初診料2,200円 → 6,700円
2回目以降 5,200円(基本料金700円+20分4,500円)
お得な回数券:30分コース
6回券 26,000円(1回:5,033円)★1,000円OFF
12回券 51,000円(1回:4,950円)★3,000円OFF
24回券 102,000円(1回:4,950円)★6,000円OFF

ラジオ波による温熱治療

1部位:回数券
5回券 9,000円
10回券 17,500円
15回券 26,000円
2部位:回数券
5回券 16,500円
10回券 32,500円
15回券 48,500円
3部位:回数券
5回券 24,000円
10回券 47,500円
15回券 71,000円

鍼灸治療・その他

1,000円~
1,000円~
吸い玉 500円~
メドマー 100円〜
超短波 100円〜