手と指のしびれ

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 腕にだるさ・痺れがある
  • 腕を挙げると手に痺れがある
  • 首を傾けると痺れ・痛みがある
  • 指先が痺れて仕事に支障がでる
  • マッサージを受けても改善しない

手と指のしびれはなぜ起こる?|げんじろう針灸接骨院

手と指のしびれは、首から出ている神経が様々な要因で圧迫されることにより起こります。

その内容としては主に以下のような症状が有ります。

頚椎ヘルニア

頸の不良姿勢や加齢などにより椎間板にストレスかかり続けて発症します。
症状は、頸の痛み・手の痺れ・可動域制限 などがあります。

胸郭出口症候群

頸から腕にかけて出る神経や血管が筋肉の圧迫により起きる症状です。

斜角筋症候群

頸が前傾して猫背のような姿勢になることにより、前・中・後斜角筋という3つの筋肉があり、その下を通る腕神経叢や鎖骨下動脈を圧迫して起きます。

肋鎖症候群

なで肩になり肩が下がることにより第一肋骨と鎖骨の間を取っている神経が圧迫され起きる症状です。

過外転症候群

肩を上にあげる動作や投球動作などにより、胸の筋肉である小胸筋の下で神経が圧迫することにより起こります。

手と指のしびれが治らない・悪化する理由|げんじろう針灸接骨院

手と指のしびれ

根本原因は頸や肩に負担がかかる不良姿勢により起こりますので、構造(姿勢)を正常にしなければ、また負担がかかり頸・肩に症状が出てしまいます。

身体バランスを整えて構造と機能を正常にしていかなければ、頸や肩の負担は変わらずに痛みや麻痺など症状が悪化する場合があります。

手と指のしびれ改善の施術法は?|げんじろう針灸整骨院

検査

検査で問題点を見つける事を重要にしています。多角的に判断する為に、ゆがみーるによる姿勢検査、徒手検査による構造の検査。IN BAIIANCE による体組成計の検査等、多角的に手の痺れの原因を追及します。

施術

施術

骨格、筋肉、自律神経調整

「構造と機能」を正常にする、骨格・筋肉・自律神経をアプローチします。

痛みや症状だけに対する施術ではなく身体の構造(姿勢)と機能(筋肉・関節・内臓)を治す根本施術です。

身体の姿勢を正すことで筋肉・関節・内臓が正常に働きます。それにより自然治癒力が高まり身体の不調や色々な症状が改善して健康になっていきます。

幅広い年齢層に施術が可能ですので、幼少期からお年寄りまで施術を受けて頂くことが可能です。

高精度施術器

骨格の歪みを特定して、その骨の持つ固有の共鳴振動数を与えることで骨格を矯正させる機器になります。また、骨のみならず、神経や筋肉にも直接アプローチが出来ます。

歪みのある骨は正常な位置に戻すには、方法を一歩間違えると、傷害事故や症状の悪化につながる危険性があります。

正確性・再現性が求められる現代医療において、手技の感覚に頼るのではなく最先端医療機器での施術が大切です。高精度医療機器を使用して関節や骨が動きやすい共鳴振動により、最小限の弱い刺激によって骨格を整えていきます。

首から背骨の歪みを整えることにより、骨格全体・背骨のカーブを正常な状態にして、腰の負担もなくなり、筋肉・神経・関節の機能が正常になり症状が改善していきます。

ハイボルテージ施術

高圧の電気を筋肉や靭帯の深部に浸透させて、疼痛や痺れの軽減に繋がります。

筋肉や靭帯の機能修復する

高電圧を強くかけることにより、筋肉や靭帯自体を修復できます。

神経の興奮を抑える

神経の走行に沿って流すことで、神経の興奮を抑え、迅速に痛みを抑えることができます。

筋肉・神経の検査

筋肉や神経が原因かどうかの検査機にも使用します。筋肉や靭帯、神経などの関連して痛みを出している部分の症状が取れないなど、全く痛みが変わらない場合などは他の原因も考えられますので、その場合は総合病院に紹介をして頂くことも可能です。

再発しない体作り

コアレ(超進化EMS)コアトレーニング機器

このような方にオススメです

  • 猫背を改善したい
  • 肩こりをなんとかしたい
  • 産後の女性の悩みがある方
  • 動作をスムーズにしたい(階段の登り下り、歩行のつまづき)
  • プロポーションを美しくしたい(ウエストのくびれ、姿勢、ヒップアップ)

体幹部の筋肉を横になったまま鍛えることができる最新のコアトレーニング法です。
世界特許取得の広域変調波が深部の筋肉まで届きます。

インナーマッスルは深部にあり、骨や関節を支える極めて大切な筋肉で、鍛えることによるメリットは絶大です。

同時に自分で鍛えることが難しい筋肉であり、成人の多くがインナーマッスルの衰えを止められずに様々な身体の不調や肥満の要因となっています。

このインナーマッスルを鍛え、体幹を整える為の最も理想的なトレーニングとして「コアレ」を提唱します。