変形性膝関節症

このような症状でお悩みではありませんか?

交通事故のむち打ち症

  • 階段の上り下りが痛い
  • 立ち上がりの際に膝が痛い
  • 正座ができない
  • 膝に水が溜まる
  • 変形性膝関節症と言われたが手術はしたくない

変形性膝関節症はなぜ起こる?|げんじろう針灸接骨院

変形性膝関節症はなぜ起こる?

膝に負担がかかった状態で日常生活を過ごすしていくうちに半月板という軟骨がすり減っていく症状です。

軟骨には神経・血管がない為、軟骨で痛みが出ているわけではなく、膝周辺に負担がかかることにより筋肉の緊張で痛みを起こしていると考えられます。

原因としては、体重増加による膝の負担増も考えられますが、主に体のバランスが悪くなることにより均等に体重が支えられなくなってしまい、左右どちらかに負担がかかり変形していきます。

そのままにしていくとかばった方の膝にも負担がかかり両膝が変形していきます。

変形性膝関節症が治らない・悪化する理由|げんじろう針灸接骨院

膝だけの施術ですと、膝の負担は減らないので徐々に進行していき関節の隙間がなくなってしまいに日常生活に支障が出てしまい、手術する場合もあります。

体のバランスを整えることが重要になってきますので、根本的な施術が必要になってきます。

その後に、体幹の筋力強化なども行い負担がかからない体にしていくことが必要になります。

変形性膝関節症改善の施術法は?|げんじろう針灸整骨院

検査

検査で問題点を見つける事を重要にしています。多角的に判断する為に、ゆがみーるによる姿勢検査、徒手検査による構造の検査。IN BAIIANCE による体組成計の検査等、多角的に膝痛の原因を追及します。

施術

施術

骨格、筋肉、自律神経調整

「構造と機能」を正常にする、骨格・筋肉・自律神経をアプローチします。身体のバランスも整い、膝への負担の軽減にも繋がります。

幅広い年齢層に施術が可能ですので、幼少期からお年寄りまで施術を受けて頂くことが可能です。

高精度施術器

骨格の歪みを特定して、その骨の持つ固有の共鳴振動数を与えることで骨格を矯正させる機器になります。また、骨のみならず、神経や筋肉にも直接アプローチが出来きます。

歪みのある骨は正常な位置に戻すには、方法を一歩間違えると、傷害事故や症状の悪化につながる危険性があります。

正確性・再現性が求められる現代医療において、手技の感覚に頼るのではなく最先端医療機器での施術が大切になります。

高精度医療機器を使用して関節や骨が動きやすい共鳴振動により、最小限の弱い刺激によって骨格を整えていきます。
首から背骨の歪みを整えることにより、骨格全体・背骨のカーブを正常な状態にして、膝の負担もなくなり、筋肉・神経・関節の機能が正常になり症状が改善していきます。

ハイボルテージ施術

高圧の電気を筋肉や靭帯の深部に浸透させて、急性期の膝の痛みの軽減に繋がります。

神経の興奮を抑える

神経の走行に沿って流すことで、神経の興奮を抑え、神経に由来する膝の痛み場合は痛みを軽減させます。

筋肉・神経の検査

筋肉や神経が原因かどうかの検査機にも使用します。筋肉や靭帯、神経などの関連して痛みを出している部分の症状が取れないなど、全く痛みが変わらない場合などは他の原因も考えられますので、その場合は 総合病院に紹介をして頂くことも可能です。

再発しない体作り

コアレ(超進化EMS)コアトレーニング機器

このような方にオススメです

  • 腰痛・膝痛など体の痛みを何とかしたい
  • 立ち上がりを楽にしたい
  • 産後の女性の悩みがある方
  • 動作をスムーズにしたい(階段の登り下り、歩行のつまづき)

体幹部の筋肉を横になったまま鍛えることができる最新のコアトレーニング法です。
世界特許取得の広域変調波が深部の筋肉まで届きます。

インナーマッスルは深部にあり、骨や関節を支える極めて大切な筋肉で、鍛えることによるメリットは絶大です。
同時に自分で鍛えることが難しい筋肉であり、成人の多くがインナーマッスルの衰えを止められずに様々な身体の不調や肥満の要因となっています。

このインナーマッスルを鍛え、体幹を整える為の最も理想的なトレーニングとして「コアレ」を提唱します。