交通事故のむち打ち症

このような症状でお悩みではありませんか?

交通事故のむち打ち症

  • レントゲンでは異常なしと言われたが痛みがある
  • めまい・吐き気がある
  • 首・肩に痛みがある
  • 頭痛で悩ませられている
  • 事故から数週間後の手足に痺れが出てきた

交通事故のむちうち症はなぜ起こる?|げんじろう針灸接骨院

むちうち症はなぜ起こる?

事故の衝撃で首がムチのようにしなることで、首の筋肉・腱・靭帯などが微細に損傷することにより、むち打ち症になります。

首の関節が正常な状態から歪むことにより、痛み・頭痛・痺れ・めまい・吐き気・耳鳴りなどの辛い症状が出てきます。

交通事故のむちうち症が治らない・悪化する理由|げんじろう針灸接骨院

むちうち症が治らない・悪化する理由

むち打ちはその場で出てくる事もありますが、後から症状が出てくる事がほとんどです。

レントゲンでは、骨しか写しません。レントゲンに異常がなくても軟部組織の損傷などがあると数日たった後に痛みが出たりしてしまいます。
ですので、交通事故施術は早期施術が大切になってきます。

 

頚椎捻挫

ムチ打ち症の約70〜80%がこの症状です。
首の筋肉・靭帯・腱の損傷です。
症状は 肩こり・頭痛・痺れ・可動域制限などがあります。

神経根症状

頚椎から出る神経を損傷してしまうことにより、痛み・手の痺れ・倦怠感・首の可動域制限・首のヘルニアがあれば 疑われます。

バレ・リーウー症候群

交通事故の衝撃により、首の神経を損傷して、自律神経のバランスが崩れることによる、頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気などの症状が出ます。

脳脊髄液減圧症

脳脊髄液減圧症

交通事故の衝撃により、髄液の圧が上昇し、髄液が漏れしまい天気の変化で頭痛・疲労感などの自律神経症状が起こります。診断が非常に難しい症状になります。

レントゲンやMRIで異常がなくても、頭痛・めまい・痛みなどがある場合は骨には問題がなく軟部組織を痛めていることが多いです。受傷直後は症状がなくて後から体の不調が出るのは損傷した組織や首への衝撃による自律神経の乱れなどが原因の場合もあります。

後遺症が残らないように、早期に施術をしていくのが大事になります。

交通事故のむちうち症改善の施術法は?|げんじろう針灸整骨院

検査

検査で問題点を見つける事を重要にしています。多角的に判断する為に、ゆがみーるによる姿勢検査、徒手検査による構造の検査。IN BAIIANCE による体組成計の検査等、多角的に症状の原因を追及します。

施術

骨格・筋肉・自律神経調整

骨格・筋肉・自律神経調整

「構造と機能」を正常にする、骨格・筋肉・自律神経をアプローチします。

痛みや症状だけに対する施術ではなく身体の構造(姿勢)と機能(筋肉・関節・内臓)を治す根本施術です。身体の姿勢を正すことで筋肉・関節・内臓が正常に働きます。
特にむち打ちの場合は、首に強い衝撃を受けて首の構造に異常が起きる事が多いので構造を整得なければ、後遺症として残る可能性が高いです。
幅広い年齢層に施術が可能ですので、幼少期からお年寄りまで施術を受けて頂くことが可能です。

高精度施術器

高精度施術器

骨格の歪みを特定して、その骨の持つ固有の共鳴振動数を与えることで骨格を矯正させる機器になります。
また、骨のみならず、神経や筋肉にも直接アプローチが出来ます。

歪みのある骨は正常な位置に戻すには、方法を一歩間違えると、傷害事故や症状の悪化につながる危険性があります。

正確性・再現性が求められる現代医療において、手技の感覚に頼るのではなく最先端医療機器での施術が大切になります

高精度医療機器を使用して関節や骨が動きやすい共鳴振動により、最小限の弱い刺激によって骨格を整えていきます。
首から背骨の歪みを整えることにより、骨格全体・背骨のカーブを正常な状態にして、首の負担もなくなり、筋肉・神経・関節の機能が正常になり症状が改善していきます。

ハイボルテージ施術

受傷1週間は炎症期ですので、疼痛の軽減促進にハイボルテージ施術を行います。

筋肉や靭帯の機能修復する

高電圧を強くかけることにより、筋肉や靭帯自体を修復できます。

神経の興奮を抑える

神経の走行に沿って流すことで、神経の興奮を抑え、迅速に痛みを抑えることができます。

筋肉・神経の検査

筋肉や神経が原因かどうかの検査機にも使用します。筋肉や靭帯、神経などの関連して痛みを出している部分の症状が取れないなど、全く痛みが変わらない場合などは他の原因も考えられますので、その場合は総合病院に紹介をして頂くことも可能です。