TEL

スタッフ紹介

院長 小石沢 隆

本日はご来院頂き、誠にありがとうございました。
鍼灸・柔道整復師の小石沢 隆です。

私は、昭和59年12月24日に千葉県の柏市で生まれました。
7歳まで千葉県で過ごし、その後、父の実家がここ田村市だったので船引町に引っ越してきました。
兄弟は3人で、姉2人の末っ子の長男です。
現在は嫁と3人の子供(長男、次男、長女)と5人で暮らしています。
子供の頃はとにかく落ち着きがなく、朝から晩まで遊びまわっているほど、体を動かす事が大好きでした。

中学に入ると、友人の誘いで柔道部に入り、それから専門学校まで約9年間 部活動に打ち込みました。
在学中は怪我が多く、左肘、手足の指の骨折、捻挫などをしては近くの接骨院で治療を受けていました。
怪我のリハビリは痛く辛いものでしたが、親切に対応してもらい「私も人の役に立つ仕事がしたい!」と思い、この職を志しました。
専門学校は夜間部に通いながら、日中はリハビリ特化の施設で6年間学び、私も地元・船引でより多くの患者様に
『生きがいと感動を提供し、心からの笑顔を作りたい!』
そう思い、げんじろう針灸接骨院を開業しました。

スタッフ 過足 真紀

こんにちは!
柔道整復師の過足 真紀です。
本日はご来院頂き、誠にありがとうございました。

1995年8月9日 福島県郡山市中田町に生まれました。
中田町は自然豊かな所で、町民のみなさんも優しくあたたかいです。
春には桜が咲き、秋には柳橋歌舞伎があります。
中学校では歌舞伎の特別授業があり、私は伴奏の三味線を教えて頂き、実際にお客様の前で舞台を公演する機会もありました。

小学校に入学してすぐに近くの体育館でやっていたバレーボールを始めました。
最初の頃はボール遊び感覚でしたが、徐々にのめり込んでいき、高校までは部活で、専門学校になってからは社会人チームに所属し、今でも続けています。

高校に入ってからは練習量が急激に増え、怪我をすることが多くなりました。大事な大会の前、小学校の頃から通っていた接骨院の先生に何度も助けて頂きました。
治療だけではなく、家でできるストレッチやトレーニングを指導してもらったり、相談に乗ってもらったりと、たくさんの面で支えてもらいました。
私もその先生のように身近な存在に感じてもらえるような先生になりたいと思い、柔道整復師を目指しました。
患者さんの痛みをとるだけではなく、不安に思っていることも少しでも軽くして、笑顔で帰っていただけるように精一杯努力します!
よろしくお願いします。

スタッフ 鈴木 陽士

こんにちは!
田村市大越町出身の鈴木 陽士(きよひと)です。

私の生まれ育った大越町は、緑が豊かで、町民もみんな優しく温かい人たちばかりでとても良い所です。
大越町には「鬼伝説」というものが古くから言い伝えられており、鬼五郎幡五郎太鼓というものが、毎年大越町で
開催されるレインボー夏祭りで演奏しているので、是非いらしてみてください!
迫力のある太鼓の音に圧倒させられますよ!!
また、小・中・高と野球をやっており、今も野球を続けています。
野球を通しては多くのことを学び、社会生活に役立っています。

げんじろう針灸接骨院はスタッフの年齢層も若く、元気でエネルギッシュな接骨院です!!
様々な医療機械があり、どんな症状でも対応・治療できるので、お体の事は安心して私たちにお任せください!!

お電話することで通常より早く診療をうけることができたり、空いている時間を聞くことができます。「げんじろう鍼灸接骨院」で施術を受けたいんですけど」と伝えて頂ければ、ご都合の付く日に来院することができます。
あなたのご来院をお待ちしております!